今回は革靴ステップ板で栂池自然園へ周遊ツアーに行ってきました。
f0145963_2113684.jpg
栂池のゴンドラとロープウェイーを乗り継いで栂池ヒュッテへ。土曜日なので混んでるかなと思っていたら、全然待ち時間はなしでした。
前夜にはこの時期ではまず無いほどの降雪でした。(上信越では横川SA~湯の丸までチェーン規制でした)
f0145963_2124518.jpg
白馬岳に向かって歩き出します。昨日の降雪で綺麗な雪原になってます。
f0145963_21332417.jpg
自然園奥の尾根に登るにつれて風が強くなってきます。ステップも効かなくなってきたので、板を担いでつぼ足で登行します。
f0145963_21382463.jpg
尾根に上がると強風に晒されます。鑓ヶ岳と杓子岳はガスってて見れず、白馬岳から小蓮華方面の稜線は雪煙が舞っています。かなり強風みたいです。
f0145963_21543365.jpg
雪は完全にウィンドクラスト・・・自分の革靴の腕前じゃ全く歯が立ちません。3ターンに1回はコケてました。1度ターン中に右足がズボッと沈んでしまい立ち上がろうとしたら、んっ??右足に接地感がない・・・足元をみたら、大きな落とし穴に右足がハマッってる!見た目1m以上の落とし穴・・・ちょっとビビッて慌てて這い上がりその場を離れました・・・
f0145963_22132711.jpg
今夜は栂池ヒュッテに宿泊。栂池ヒュッテはとても綺麗で設備の整った宿でした。石鹸やシャンプー付きのお風呂もあるし、暖房も入ってるし、山荘というよりプチホテルとかペンションという感じでした。自分が泊まった部屋は2段ベッドが2つある相部屋でしたが、利用客は自分1人だけだったので、荷物を広げながら使用できました。夜中は満点の星々。山で夜を過ごすのはやっぱりいいですね~。
f0145963_23532629.jpg
翌朝、白馬三山はモルゲンロートに染まっていました。本日は快晴間違いなし!
f0145963_00292.jpg
鹿島槍、五竜、唐松を見ながら、昨日目星を付けておいた緩斜面へ。こんな雪原ハイクがしたくって、テレマークスキーを始めたんだっけな~
f0145963_083034.jpg
小蓮華等の稜線に向かう斜面にはシュプールがたくさんありますが、表層雪崩の跡もたくさんあります。スキーカットで雪崩れたのかも・・・
f0145963_0244237.jpg
自然園の向こうには妙高の姿も。
f0145963_0274115.jpg
午前中は雪もまだクラスト気味なので、昼食&昼寝。
f0145963_0434045.jpg
お昼を過ぎてようやく雪も緩んできて、滑り易くなってきました。
f0145963_0451623.jpg
ショート斜面を3回程登り返して楽しんでツアー終了。
f0145963_0475630.jpg
今回は45Lのザックに荷物を積み込んだ後に行動用のザックをベルトで固定して持っていきました。初めてザックを2段重ねしてみたので、どうなるかと思ったのですが、実際にこれを担いだのはスキー場から栂池ヒュッテまでの往復だけなので特に問題はなかったです。ツアー中は使わない荷物はヒュッテに預けられましたしね。来年はプラブーツとステップ板で来てみたいです。
[PR]
by kai-masa2005 | 2010-04-20 23:53 | テレマークスキー | Comments(0)

前日の乗鞍からちょっと北上して、本日は鍋倉山へバックカントリスキーに行ってきました。
昨夜から小雪が降り続くなか、出発地点の温井へ。
f0145963_2110149.jpg
去年の今頃に来たときには田茂木池手前まで、板を担いで除雪終了地点まで歩きましたが、今年は全く除雪してありませんでしたので初めからシール歩行。
f0145963_21284624.jpg
田茂木池にある小屋のちょい先にある尾根から登行していきます。
f0145963_2133101.jpg
尾根沿いはとても歩き易いです。
f0145963_21342913.jpg
昨日からの雪でちょっと湿っぽい新雪が15cm程積もってます。場所によってはガリガリなトコもザクザクなトコもありますけどね。
f0145963_213902.jpg
山頂までもう少し?
f0145963_21412489.jpg
山頂に到着。相変わらず吹雪いているので、展望は全くなしです・・・
と、まぁ~ここまではよかったのですが・・・・・
山頂からちょっと滑り出した後に斜面をトラバースして登ってきた尾根戻ろうとしたら、なかなかその尾根に着かない・・・
急な斜面を横滑りすると、薄い新雪が雪崩れるし・・・
腿ラッセルで小高い尾根を登り返したり・・・
ザクザクな雪に片板が埋まって抜けなくなり、一度ブーツから外してスコップで板を掘り起こしたり・・・
雪は一時本降りになるし・・・
遭難、ビバーク・・・という単語が頭によぎるし・・・
とにかく尾根と沢を越え続けていけば、絶対、登った尾根に出ると思いシールを着けたまま移動し続けました。
すると、ガスが一瞬晴れたときに尾根の切れ目から温井の集落が見れました。その方向を見定めながら、さらにトラバース。5度目くらいの尾根を登り始めたときにまたガスが晴れると、なんと近くに温井の集落が!その尾根を降り、沢沿いに下っていったら、林道?みたいなトコに出て、そのまま集落の道路に出ることができました。(この尾根が登ってきた尾根だったみたいです)
ここはどこら辺なのかな?と思いながら板を担いで集落を半周したら、駐車スペースに着きました。どうやら、駐車位置から集落の反対側に下山していたみたいです。
f0145963_2226043.jpg
自分の車に戻ってきたときには、辺りに誰もいないことを確認して「よしっ、着いた~」と大きい声を出してしまった。結局、シールを着けたままの下山になってしまったので、ほとんど滑ることが出来なかったが、今回は無事15時半くらいに戻ってこれただけで良しとします。反省の多いバックカントリースキーになってしまいました。
ウサギを3回、カモシカを1回見れたのが、せめてもの救いでした。
[PR]
by kai-masa2005 | 2010-04-02 22:51 | テレマークスキー | Comments(0)

kaiです。春~秋にはフライフィッシング、軽登山とMTB。冬~春にはテレマークスキー、スキーハイキングを楽しんでいます。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30